大学生の恋愛事情|21の統計データから読み解く恋活必勝テクニック

大学生の恋愛事情

大学生の醍醐味と言えば、やはり恋愛ではないでしょうか。

でも、大学生の恋愛事情ってなかなか知る機会ありませんよね。

今回は、様々な統計情報を元に大学生の恋愛事情を読み解いていきます。

この記事を読んで分かること
  • 大学生はどれくらい恋愛してるの?
  • 大学生はどんな恋愛観を持ってる?
  • 初体験はもう済ましてるの?
  • どんな恋活してる?

大学生の恋愛事情

恋人がいる大学生は3人に1人

Q.現在付き合っている人はいますか?

  • いる:36%(195)
  • いない:64%(354)
データからの考察
「こいつは付き合ってる人いないだろうな」という人を除けば、半数近くに恋人がいると予想できます。恋人のいないイケメン/美女を見つけたら早めにアプローチしていったほうが良いかも。

参考:Oceanize『【朗報!】告白したら40%の確率で付き合える!?大学生の意外な恋愛事情とは!?

恋人との出会いのきっかけは?

彼氏・彼女との出会いのきっかけランキング

  • 1位:大学のサークル(14.8%)
  • 2位:大学の授業やゼミ
  • 3位:中高時代の同級生・後輩・先輩(14.8%)
データからの考察
大学のサークルが異性との距離を最も近づけやすい環境となっている。頻繁に顔を合わせるような環境が恋愛に発展しやすい。

参考:スタディサプリ『大学別! 彼氏・彼女がいる率ランキング <大学生実態調査>

現在恋人がいな男女の内、恋人募集中の大学生は5人に4人

Q.彼氏/彼女が欲しいですか?

  • 欲しい:46%
  • どちらかといえば欲しい:31%
  • どちらかというと欲しくない:10%
  • 欲しくない:12%
データからの考察
顔には出さなくても、大学生活を楽しむために多くの学生が恋人を欲しがっている。そして恋人がいない人はクリスマスなどのイベントの日に寂しい思いをしている。

参考:Oceanize『【朗報!】告白したら40%の確率で付き合える!?大学生の意外な恋愛事情とは!?

現在恋人がいな男女の内、半数の大学生に好きな人がいない

Q.今現在、好きな人はいますか?

  • 好きな人がいる:16%(54)
  • 少し気になっている人がいる:35%(121)
  • いない:49%(171)
データからの考察
「恋人は欲しいけど、好きな人はいない」人は、両想いでなくても付き合える確率が高い。意中の相手に彼氏/彼女がいないことが分かれば、チャンスは大。

参考:Oceanize『【朗報!】告白したら40%の確率で付き合える!?大学生の意外な恋愛事情とは!?

好きな人に自分から積極的に告白する大学生は3人に1人

Q.好きな人には自分から告白しますか?

  • どちらでもいい:34%
  • 相手からの告白を待つ:33%
  • どちらかというと、自分から告白をすることが多い:16%
  • 相手が告白をするように画策する:11%
  • 絶対に自分から告白をする:7%
データからの考察
確率を上げるなら自分から告白した方が有利だけど、やっぱり勇気がいるよね。婚約プロポーズとは違って付き合うくらいなら、軽い気持ちで告白してもいいんじゃないか?

参考:Oceanize『【朗報!】告白したら40%の確率で付き合える!?大学生の意外な恋愛事情とは!?

女子大生の9割は好きな人からの告白を待っている

Q.好きな異性には告白したい?告白されたい?

  • 告白したい 28人(10.7%)
  • 告白されたい 233人(89.3%)
データからの考察
男性は自分から告白した方が好まれる。恋愛を成就させる秘訣は外見などの魅力があるかよりも、「告白できる度胸があるかかどうか」である。

参考:マイナビ学生の窓口『草食男子頑張れ! 9割の女子大生が好きな人ができても「告白待ち」だった!

好きな人以外に告白された場合、5人に4人の大学生は本気で悩む

Q.好きな人以外に告白されたら付き合いますか?

  • 正直悩む:36%
  • 良さそうな人だったら付き合う:35%
  • 付き合いたくない:12%
  • 絶対に付き合わない:10%
  • そこまでひどい人でなければ付き合う:8%
データからの考察
相手にそこまで気がない場合でも、告白することで距離が一気に近づく!好きな人でなくても8割は前向きに考えてくれる。「相手はきっと自分のことに興味ないし」とか思ってないで、告白すると良い結果になるかも。

参考:Oceanize『【朗報!】告白したら40%の確率で付き合える!?大学生の意外な恋愛事情とは!?

彼氏・彼女に最も求められるのは共感し合えること

彼氏・彼女の条件として特に重要視するポイント

  • 1位:価値観(33.8%)
  • 2位:顔(11.9%)
  • 3位:やさしさ(11.2%)
  • 4位:包容力(9.0%)
  • 5位:外見の雰囲気(5.1%)
データからの考察
共感と理解が重要視されている。顔も大事だけど、やっぱり一緒にいて楽しいかどうかが大切。

参考:スタディサプリ『モテる大学はどこ!? 彼氏・彼女にしたい大学ランキング <大学生実態調査>

イケメンよりも金持ちの方がモテる

イケメンorお金持ちのどっちと付き合いたいですか?

  • イケメン:79人(41.2%)
  • お金持ち:113人(58.8%)
データからの考察
大学生の多くは奨学金を利用していたりと経済不安を抱えており、お金のないイケメンよりもお金のあるブサイク派の女性も多い。顔に自信がないなら経済力をつけるのがモテへの近道!?

参考:マイナビ学生の窓口『究極の選択! イケメンorお金持ち、女子大生の6割が付き合いたいのは……

彼氏・彼女にしたい大学はどこ?

彼氏にしたいランキング

  • 1位:京都大学(13.3%)・慶應義塾大学(13.3%)
  • 3位:東京大学(8.4%)
  • 4位:神戸大学(5.1%)
  • 5位:早稲田大学(4.1%)

彼女にしたいランキング

  • 1位:青山学院大学(8.5%)
  • 2位:慶應義塾大学(5.9%)
  • 3位:東京大学(5.6%)
  • 4位:同志社大学(4.7%)
  • 5位:明治大学(4.4%)
データからの考察
大学のブランドイメージはモテ度に影響し、低学歴よりも高学歴の方がモテる。慶応は親が金持ち・頭が良い・イケメンが多いなど、大学ごとに学生のイメージ像がある。

参考:スタディサプリ『モテる大学はどこ!? 彼氏・彼女にしたい大学ランキング <大学生実態調査>

早稲田大学の学生には彼氏/彼女がいる確率が高い

恋人がいる学生の多い大学ランキング

  • 1位:早稲田大学(7.4%)
  • 2位:神戸大学(6.4%)
  • 3位:慶応大学(6.4%)
  • 4位:立教大学(6.4%)
  • 5位:京都大学(6.1%)
データからの考察
大学生になって恋愛を楽しみたいなら早稲田大学がベスト!コミュ力の高い学生が多く、恋愛が活発で学業も充実する。

参考:スタディサプリ『大学別! 彼氏・彼女がいる率ランキング <大学生実態調査>

同棲まで発展している大学生は12人に1人

どれくらいの男女が同棲してるの?

  • 同性している:8.3%
  • 同棲中の人のうち、親に報告済み:61.5%
データからの考察
恋人の家に寝泊まりする回数が増えてきて、自然と同棲が始まるなんてのも多いらしい。半数以上が親にも報告していたりするから、同棲までいく学生カップルは真剣にお付き合いしてる。

参考:スタディサプリ『大学に関するアンケート

大学生の性経験

大学生の4人に3人はデート経験がある

デート経験のある大学生の割合

  • 男子大学生:77.3%(2005年は79.0%)
  • 女子大生:77.3%(2005年は81.5%)
データからの考察
デートの敷居は高くないが、デート経験のない学生もある程度いる。恋愛に積極的でない草食系男子が増えており、そのせいで女性の恋愛体験も減っているのではないか。

参考:JASE日本性教育協会『第7回「青少年の性行動全国調査」( 2011年)

大学生の3人に2人はキス経験あり

キスしたことのある大学生の割合

  • 男子大生:66.2%(2005年は72.3%)
  • 女子大生:63.2%(2005年は72.2%)
データからの考察
キスまでのハードルは高くなっており、男子よりも女子の方が経験がなくなってきている。最近ではキスに対して嫌悪感を抱く女性も増えてきているようです。

参考:JASE日本性教育協会『第7回「青少年の性行動全国調査」( 2011年)

大学生の約半数が初体験を済ましている

性経験のある大学生の割合

  • 男子大生:54.4%(2005年は61.3%)
  • 女子大生:46.8%(2005年は61.1%)
データからの考察
近くに異性がたくさんいて時間もある大学生だが、性行為までのハードルは非常に高くなってきている。

参考:JASE日本性教育協会『第7回「青少年の性行動全国調査」( 2011年)

大学生のデート事情

女子大生の5人に4人は初デートで手を繋ぐのはOK

Q.初デートで手をつなぐのはありだと思いますか?

  • あり……80.3%
  • なし……19.6%
データからの考察
一部「早すぎる」という意見もあり、相手の気持ちを無視して強引に手をつなごうとするのは控えた方が良い。

参考:マイナビ学生の窓口『初デートってぶっちゃけどこまで攻めるべき? 「手をつなぐ」は女子大生の8割がOK、じゃあ「キス」は……?

女子大生の3人に1人は初デートでキスもOK

Q.初デートでキスはありだと思いますか?

  • あり……36.4%
  • なし……63.5%
データからの考察
初デートでのキスは性交友にがっつき過ぎと思われるようで、そこまで求められていない。

参考:マイナビ学生の窓口『初デートってぶっちゃけどこまで攻めるべき? 「手をつなぐ」は女子大生の8割がOK、じゃあ「キス」は……?

大学生の恋活事情

合コンに行く大学生は全体の13%

Q.合コンに行くことはありますか?

  • 1ヶ月に1回以上ある:2%
  • 3ヶ月に1回以上ある:3%
  • 半年に1回以上ある:3%
  • 1年に1回以上ある:6%
  • 合コンに行くことはない:87%
データからの考察
「大学生=合コン好き」のイメージを持つ人もいるが、そんなことはない。だが、確実に存在している。

参考:Oceanize『女子大生の恋活事情。恋活アプリの認知度/利用度共に合コンより低い結果に

相席屋に行く大学生は全体の8%

Q.相席屋に行くことはありますか?

  • 1ヶ月に1回以上ある:1%
  • 3ヶ月に1回以上ある:1%
  • 半年に1回以上ある:3%
  • 1年に1回以上ある:3%
  • 相席屋に行くことはない:92%
データからの考察
相席屋は最近のトレンドなので、それにしては高い数値。利用者数は拡大していくかも。

参考:Oceanize『女子大生の恋活事情。恋活アプリの認知度/利用度共に合コンより低い結果に

出会い系アプリに抵抗を抱かない大学生は3人に1人

Q.恋活系アプリを利用することに抵抗はありますか?

  • ある:46%
  • ややある:17%
  • あまりない:7%
  • ない:30%
データからの考察
一昔前は怪しいサービスばかりでしたが、近年は大手企業が恋活サービスに乗り出し、利用者層が拡大している。恋活アプリからの付き合い、結婚するカップルは増えていきそう。

参考:Oceanize『女子大生の恋活事情。恋活アプリの認知度/利用度共に合コンより低い結果に

出会い系アプリを利用する大学生は全体の7%

Q.恋活系アプリを利用したことがありますか?

  • ある:7%
  • ない:93%
データからの考察
大学生は横の繋がりが広く、出会い系アプリを使う必要があまりないのかも。

参考:Oceanize『女子大生の恋活事情。恋活アプリの認知度/利用度共に合コンより低い結果に

こういったアンケートには、母数が少なくてデータ自体への信憑性はないですが、大学生の価値観を知る上で参考になります。

データ全体で分かること

  • 昔と比べて大学生は恋愛に対して消極的になっており、Hだけではなくデートやキスに至る割合が減少している。
  • モバイル端末の普及によりコミュニケーションの利便性は向上したものの、恋愛においてはリアルなコミュニケーションが減ることで異性間の触れ合いが減ったのかもしれない。
  • 恋人のいない大学生の半数に好きな人がおらず、告白した場合には8割が前向きに検討してくれる。恋人を作るには、告白できるかどうかが最も重要な要素である。
  • 恋愛がしたいのはみな同じ。高学歴の方がモテるが、気になる人がいたら告白してみると、低学歴でも付き合える可能性は十分にある。大学生が最も恋愛しやすい環境は早稲田大学のサークルである。

データから導き出される恋愛必勝法とは?

1.サークル選びが重要

大学生の恋愛の多くはサークルで始まっている。どのサークルを選ぶかによって恋愛事情に大きな変化が出てくる。

恋愛を楽しむためには、異性のいる(異性よりも同性の割合が少ない方がベター)サークルを選ぶのがポイントです。

2.恋人がいるかいないかが問題

もし意中の相手に恋人がいなければ、かなりチャンスが高い。気になった異性がいたら恋人がいるかどうか探ってみよう。

「彼氏/彼女はいる?」という質問は直球過ぎて引かれる恐れがあるので、「休日は何してるの?」などと時間の使い方から恋人がいるか逆算してみてください。

もし恋人の影がなければ、大チャンスだ。

もし気になる異性に恋人がいなければ、間違いなく大チャンス。なぜなら、みんな心のどこかで「彼氏/彼女が欲しいな」と思っており、それが必ずしも恋愛感情を抱いている好きな異性である必要はないからです。

今はLINEなどのツールがあるので、さりげなくアプローチしてみましょう。

異性との関係を深めるために役立つ心理学

相手に恋人がいなけらば告白してみるのが手取り早いですが、実際に告白するには相当な勇気がいりますよね。恋愛慣れしていない男女であればなおさら。

そこで異性との関係を深めるのに役立つ心理学を紹介しておきます。このような心理効果は実験によって実証されたものなので、ぜひ試してみてください。

1.単純接触効果

会う回数が多いほどお互いの距離は縮まっていく。意中の相手が良くいる場所に顔を出して、話す回数を増やしていこう。

例)好きな人がいる時間にサークルの部室へ行く

2.返報性の原理

人間には与えられたものを返そうとする心理が働く。もし相手の好意を抱いてもらいたいなら、まずは自分から好意を示すこと。

例)誕生日やクリスマスなどのイベントで特別なプレゼントをする

3.認知不協和

人間には自分の行いを正当化しようとする心理が働く。例えば、酔っ払った勢いで隣の席にいた異性とキスをしてしまったら、(キスをしたのは酔っ払ったせいではなく、本当は相手のことが気になっていたからだ。)と解釈してしまうことがある。

例)授業のレジュメを見せてもらう・コンビニに行くついでに自分の分の買い物も頼む

頼みごとをすると、相手は依頼された人間に対して忠誠心があると錯覚するようになる。また、返報性の連鎖を生むことができ、恋愛への発展も期待できる。

4.二人だけの秘密効果

互いの秘密を共有するということは、秘密を抱えた特別な関係であることを意味し、信頼関係が築かれていく。もし機会があれば、二人だけの空間に身を置くことだ。

例)相手がよだれを垂らして寝ているのに気づく。起きた時に「よだれ垂らしてるよ(笑)」と話しかけて、相手が恥ずかしがっている内に「他の人には言わないでおいてあげるね。」なんて言えば、二人だけの秘密が生まれる。

※相手の恥ずかしい一面を知ったら秘密にしておいてあげよう。

5.第三者効果

第三者からの意見は信用しやすい。自分で自分について語るよりも、第三者に自分のことを語ってもらった方が良い。

例)自分(A)の友人BにAがCさんを気になっていることをCさんに告げてもらう。すると、Cさんは「A君は私のこと好きなんだ。これからどう接すれば良いんだろう。」と勝手に想像を膨らましてくれる。告白前の伏線にもなり、成功確率が上がる。

※BにCさんに対して「Aは優しくて素晴らしい人間だ。」などと人柄を持ち上げてもらうことも効果的

その他恋愛に役立つ心理効果

  • 暗闇効果
  • 吊り橋効果
  • 初頭効果
  • ハロー効果
  • ランチョンテクニック
  • ミラーリング
  • ゲインロス効果
  • YES効果
  • カチッサー効果
  • ダブル・バインド
  • フットインザドア
  • ドアインザフェイス
  • ローボールテクニック

こうしたテクニックを知っていると意中の異性を落としやすくなるのはもちろん、テクニックだけの人間に引っかからなくなりますし、ビジネスの現場でもかなり役立ちます。

あとは、告白だけだ!

相手からの告白を待つのも良いですが、もしチャンスを掴みたいのであれば受動的に待つのではなく主体的に行動するのが大切です。

たとえ見ず知らずの他人であっても、人間は告白されると脳の報酬系が活発になり、喜んでくれます。

最低限の関係性さえ作れていれば、振られたとしても後味が悪くなる可能性は低いです。LINEで告白するとさらし行為があったりするようなので、心配な方は直接呼び出して告白するのが良いかもしれません。

今注目のPickup記事はこれ!

大学生の恋愛事情

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Campus Hub

全記事必読!とある社会人グループが運営しているWebマガジンです。僕らが大学生のうちに知っておきたかったリアルな情報が満載。学生生活の過ごし方からお金の稼ぎ方まで公開していきます。※SNSをフォローしておくと、最新情報がすぐ手に入るよ!