こんなアルバイトは危ない!?ブラックバイトの特徴12選

ブラックバイトの特徴12選

もしかして、このバイト先はブラックなんじゃないか?

そう思ったら今回紹介するブラックバイトの特徴と比較して、あなたのアルバイト先がブラックかどうか考えてみてくれ。

ブラックバイトは、「学生であることを尊重されずに、学業に支障をきたすレベルの労働を強いたり、過重労働や違法行為が当たり前になっているアルバイトのこと」を指す。

単位をいくつも落とすなど、学業に多大な悪影響が出ていたらブラックバイトの可能性が高いぞ。

ブラックバイトの特徴

あなたのバイト先が以下のような特徴に当てはまったら、ブラックバイトである可能性が高い。

1.強制的な連日労働

提出した希望シフト(出勤可能日・希望勤務日数)に反して、雇用側の都合の良いようにシフトを組まれる。これが頻繁に続いてバイトのために授業を休む・テスト勉強よりもバイト優先させられる事態になる。

2.急な呼び出しが続く

お店が急に忙しくなったら呼び出しがかかり、シフト外労働を強制される。ひどい場合は、自宅まで押し寄せてきてバイト先まで連れて行かれる。

3.残業代が出ない(サービス残業)

日常的に残業をさせられ、さらに残業代も出ない。学習塾など、サービス残業が文化となって定時に帰れないのが常識となっているバイト先もある。

4.賃金が最低賃金よりも安い

雇用者が無知だからか、支払い賃金が最低賃金法によって定められた金額よりも低い。最低賃金未満の賃金しか支払わなかった場合には、雇用者は最低賃金額との差額を支払わなくてはならないので、申告しても無視されたら労働基準監督署にでも通告して欲しい。

5.過酷なノルマを強制される

達成困難な販売ノルマがあり、これを達成できない場合にはノルマ達成まで残業させられる・自腹で商品を購入させられる。流行り物・季節商品を扱う企業に良く見られる。

6.罰金・買取・弁償させられる

販売ノルマが達成できなかった・お皿を割ってしまった・商品を汚してしまった等の理由で強制的に罰金・買取・弁償を請求される。

※明らかに労働者の過失が認められる場合には請求が通ることがあるそうだが、基本的に労働者のミスは雇用者の責任であり、真面目に働いている中でこうした請求がされることはない。

7.怪我をしても労災がおりない

通勤途中・仕事中に怪我をしたにも関わらず労災がおりず、自腹で治療費を支払わせられる。

8.給与明細がない

雇用経験の少ない小規模事業主の元でアルバイトをしていると、給与明細がなく労働時間・時給計算が過小計算される。悪質な事業主に当たると本来稼働した時間よりも少なく見積もった時間で給与を決めてくる。

9.休憩がない

6時間を超える労働にも関わらず休憩時間がない。また、これが日常的に続く。

10.パワハラがある

小さなミスで人格否定されるなど、暴力・怒号・侮辱・シカトといった嫌がらせが存在する。また、上の立場を利用してアルバイトに達成困難な仕事・ノルマを押し付け、過度なストレスを押し付けてくる。

※バイトに入ったばかりの学生は仕事が良くわかっていないことから、新人いじめに遭うことがある。これはブラックバイトの文化として存在し、時として最初はいじめられる側であった新人も長く続けているといじめる側になる。

11.辞めさせてもらえない

バイトを辞めようとすると「損害賠償請求するぞ」などと脅される。退職を阻止させるための妨害行為が続く。

12.研修期間がずっと続く

時給1,○○○円と謳い求人を募集するものの、最初は研修期間として求人に記載された金額よりも数百円時給が低い状態から始まり、いつまで経っても研修期間の低賃金のまま雇われ続ける。

Column

バイトはし過ぎるな!

一般的なアルバイトの時給は1,000円未満だが、まともな企業の正社員となれば時給換算で2,000円・3,000円が当たり前になる。給与のために働くと考えると、単純に効率が何倍も変化する。

アルバイトなどの非正規社員としてどんなに頑張ったとしても時給はほとんど変わらない(どんなに頑張ってもせいぜい月収30万円程度)が、正社員や企業経営者となれば、結果に応じて給与も増えていく。

従って、給与の低い・生産性のないアルバイトは最小限に抑えて、社会に出た後で役立つ知識・経験を積んでいくことに時間・労力を費やしていくべきだ。

まとめ

労働環境が最低限整備されている企業であれば、今回まとめた特徴は一つも当てはまらない。もし当てはまっているものがあるなら法的に問題のあることばかりなので、雇用者側は訴えられたら負ける可能性が高い。

企業や店舗を運営していく中でアルバイトを雇っていくのであれば、労働基準法などを考慮して最低限の労働環境を整備していくことは当たり前。

この当たり前がすらできていないようなアルバイト先で、もし学生であることを尊重されずに当初の労働条件以上の労働を強制されているのであれば、すぐにやめた方が良い。

今注目のPickup記事はこれ!

ブラックバイトの特徴12選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Campus Hub

全記事必読!とある社会人グループが運営しているWebマガジンです。僕らが大学生のうちに知っておきたかったリアルな情報が満載。学生生活の過ごし方からお金の稼ぎ方まで公開していきます。※SNSをフォローしておくと、最新情報がすぐ手に入るよ!